オーバーヘッド・スクワット

オーバーヘッド・スクワットはその名の通り、頭上にケトルベルを上げた状態でスクワットする動きです。上体を少し開き(回転させ)ながらスクワットの動きをすることから、ローテーショナルスクワットとも呼ばれています。

主に鍛えられる部位

オーバーヘッド・スクワット
    上腕二頭筋   腰(背下部)   内もも(内転筋)
  上腕三頭筋   背中部 前もも(大腿四頭筋)
  前腕   背上部(僧帽筋) ●  裏もも(ハムストリング)
  腹直筋   背側部(広背筋) ヒップ(大臀筋)
  腹斜・腹横筋 肩筋   ヒップ側部
  胸筋     ふくらはぎ

 
オーバースクワット

プレスまたは、スナッチでケトルベを頭上に持ち上げ、ロックアウト(肘を頭に寄せる状態)のポジションをとります。

オーバーヘッド・スクワット

ロックアウトのポジションを維持しながら、ヒップを後ろに押し出し上体を少し外側に開いて、ゆっくりと腰を下ろしていきます。

オーバーヘッド・スクワット

下側の手を地面をつき、その後ゆっくりと上体を起こしていきます。

<ポイント>

視線を常にケトルベルに向けることで、バランスを維持することが出来ます。

 


特製ケトルベル

愛好家のこだわりを追求した贅沢なケトルベルが遂に日本上陸!

ケトルベル魂特製ケトルベル
ケトルベル魂特製ケトルベル

詳しくは、ケトルベル魂商品一覧をご覧ください。

■Eメールマガジン■

当サイトの最新情報をEメールマガジンで配信しております。ご希望の方は以下より登録をお願いいたします。(現在新規受付停止しております。)

ブルガリアンサンドバッグ
ブルガリアンサンドバッグ