アスリートスタンドのおススメ種目!(写真解説)

ディップス

肘を伸ばした状態で、アスリートスタンドを手で握り、全体重を支えます。

 

この際、足が床に着かないように膝を後ろに曲げます。

肘を90度位まで曲げて、体を下ろします。

(膝が床にぎりぎり着かないくらいまで、体を下ろします。)

ディップス(レッグオンボール)

肘を伸ばした状態で、アスリートスタンドを手で握り、足はメディシンボールの上に置きます。

 



足の位置はそのままで、肘を90度位まで曲げて、体に下に下ろします。


レッグレイズ

肘を伸ばした状態で、アスリートスタンドを手で握り、足を床から少し浮かせます。

 足を床と水平になる一位置まで上げて、静止させます。

インクライン・プルアップ

床で仰向けに寝転び、逆手でアスリートスタンドを握ります。

 

その後、腕の力で体を浮かせ、踵(かかと)だけが床につく状態をつくります。

 腕の力で体を引き上げ、胸をアスリートスタンドに近づけます。

 


ワンレッグ・プッシュアップ 

両足をアスリートスタンドの上に置き、プランクの姿勢から始めます。

肘を曲げて、体を下ろした際に、同時に片足を上げます。

 

左右の足を交互に上げながら、プッシュアップを行います。

プランク・ニーレイズ

両足をアスリートスタンドの上に置き、プランクの姿勢から始めます。

プランクの姿勢を保ったままで、膝を体に引き寄せます。

 

この動作を、左右交互に行います。

プランク・ニーレイズ(肘付きバージョン)

両足をアスリートスタンドの上に置き、肘をついたプランクの姿勢から始めます。

プランクの姿勢を保ったままで、膝を体に引き寄せます。

 

この動作を、左右交互に行います。

プッシュアップ・オンスタンド

一方のアスリートスタンドに両足を掛け、もう一方のスタンドは、肘をしっかり伸ばして、両手で握ります。

 

この際、膝が曲がる程度に、スタンド間の距離を作ります。

姿勢を維持しながら、ゆっくり、体の上下を繰り返します。

サイドレッグレイズ

体を横に向け、片側の足は、アスリートスタンドの上に置き、もう一方の足は、床から少し浮かした状態から始めます。

体を動かさず、下側の足を、上側の足に近づけます。

 

これを繰り返し行いますが、常に下側の足は床につかないように気をつけます。

サイドヒップレイズ

体を横に向け、上の足が前にくるようにクロスさせ、両足をマルチトレーニングスタンドの上に置いた状態から始めます。

背筋を伸ばした状態で、腰を上下させます。 

お買い求めは

良い品ドットJP

アメリカのエクササイズDVD・器具の販売ショップ

こちら良い品ドットJPをクリック。

Amazon.co.jp

世界最大のオンラインショップ、amazonの日本サイト

こちらAmazon.co.jpをクリック。

 


特製ケトルベル

愛好家のこだわりを追求した贅沢なケトルベルが遂に日本上陸!

ケトルベル魂特製ケトルベル
ケトルベル魂特製ケトルベル

詳しくは、ケトルベル魂商品一覧をご覧ください。

■Eメールマガジン■

当サイトの最新情報をEメールマガジンで配信しております。ご希望の方は以下より登録をお願いいたします。(現在新規受付停止しております。)

ブルガリアンサンドバッグ
ブルガリアンサンドバッグ