メイスハンマー 野球選手の打球の飛距離アップに!

メイスハンマー
メイスハンマー

■野球選手のハンマートレーニングとして、リストや腕、下半身強化に用いられ、打球の飛距離が伸びると大好評!

 

■タイヤを叩くハンマートレーニングとして、そしてグリップ、肩、コアの強化法としても大活躍!

 

■メイスハンマーは、先端が球状で重量が均等なため、通常のハンマーに比べ安全にトレーニングに取り組めます。。

 

■ハンマートレーニングとして、そしてグリップ、肩、コアの強化法として大活躍!

 

■先端が球状で重量が均等なため、通常のハンマーに比べ安全にトレーニングに取り組めます。

 

■健康改善や、クロスフィット、格闘技、野球、ゴルフなどのトレーニング、さらにはウォームアップにも最適。

 

■ゆっくりとした動きで集中力を要するため、ストレス解消効果も。

 

 

おすすめメイスハンマー7種目!

(詳しくは、上の動画をご覧ください)

①360(スリー・シックスティ) スイング

メイスハンマーを体の周り360度回転させることから、360(スリー・シックスティ)と呼びます。

 

右側にメイスハンマーを回転させる場合は、左手を上にしてメイスハンマーを握ります。

 

メイスハンマーを長く持つ(ハンドルの端を握る)と負荷が増し、短く持つと負荷が減ります。

 

メイスハンマーのヘッド(球)の部分は、体の前からも、背中からも遠く離れないように、常に体に近い位置で回転させます。

 


②10 to 2 (テン・トゥー・トゥー) スイング

360と並ぶメイスハンマーの代表的な動きで、コア強化に非常に有効です。

 

時計の針の10時の位置と、2時の位置で、メイスハンマーを止めることから、10 to 2 (テン・トゥー・トゥー)と呼ばれています。 

 

10時の位置からスタートとし、360スイングと同様にメイスハンマーを背中近くで回転させます。

 

2時の位置でストップし、その後再度10時の位置に戻します。

 


③振り子スイング

メイスハンマーの下向きにして、両手で握り、振り子のように左右に振る動きをします。

 


④トススイング

メイスハンマーを片手で握り、逆側の手でメイスハンマーを「トス」するように反対側に振ります。

 

 


⑤カヌー漕ぎ

体の左側でカヌー漕ぎをする場合は、左足を前に出し、右手はメイスハンマーの端、左手は真ん中あたりを握ります。

 

水を掻き終えメイスハンマーの球体が頭上に来たところで、体の反対側(右側)にメイスハンマーを移動させてから、メイスハンマーを振り下ろす動作を開始させます。

 


⑥メイス突き

体の右側に突きを行う場合は、左手はメイスハンマーの端を握り、右手は真ん中あたりを握ります。足を右側に開いた状態から、若干腰を沈め両手で右側に「突き」を行います。

 

さらに、右足を一歩前に踏み込むと、より強い「突き」になります。


⑦グレイブディガー(墓堀り人)

足を前後に開き、足が後ろになっている側の手で、メイスハンマーの一番下の端を握り、もう一方の手は、真ん中辺りを握ります。

 

腰を曲げ、土を掘るようにメイスハンマーを下した後、メイスハンマーを頭上まで挙げます。

 


メイスハンマーの重量選択!

メイスハンマー
メイスハンマー

★★★重量選択について★★★

メイスハンマーの場合、力の強さだけでなく肩の柔軟性が非常に重要となります。例え力があったとしても、肩の柔軟性があまりない場合は、軽いメイスハンマーをおススメいたします。

 

 

 

全長

グリップ径

3KG

初心者向け

100cm

3cm

5KG

中級者向け

102cm

4cm

7KG

上級者向け

104cm

4cm

10KG

アスリート向け

105cm

4cm

 ※寸法は個体差がありますので、あくまでも目安としてご参考下さい。

 

 

お買い求めは

良い品ドットJP

アメリカのエクササイズDVD・器具の販売ショップ

こちら良い品ドットJPをクリック。

Amazon.co.jp

世界最大のオンラインショップ、amazonの日本サイト

こちらAmazon.co.jpをクリック。

オフィシャルショップ

楽天市場に公式ショップをオープンいたしました。

ケトルベル魂公式ショップ

FitElite

 

業務用・家庭用フィットネス機器ブランドのFitElite(フィットエリート)。 

 

フィットネスクラブや、ホテル、会社や公共施設、そしてご家庭まで。トレッドミルや筋トレマシンなど様々な機器を取り扱っています。 

FitElite (フィットエリート)
FitElite (フィットエリート)
FitElite (フィットエリート)
FitElite (フィットエリート)